クリスタルチルドレンは、あいです。


うちゅうのためにきました!


ちきゅうのためにきました!


あいのためにきました!


ちきゅうのためにみんなでがんばりたいから


ブログをやろうとおもいました。^^


よろしくおねがいします !!!


by あさひ



☆このブログはNMCAAクリスタル・アセンション・アカデミーの
公式ネットワークです☆




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.01.10 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アセンションに参加のきっかけ☆

こんにちは\(^o^)/


はるかです^^



なぜ、私(はるか)はアセンションに目覚め、

NMCAAで学び、実働するようになったのか!?



という質問を友人から頂きましたので
 

こちらでもシェアさせて頂きますね^^






私は子供の頃から、「自分は何のために生まれて来たのか!?」


「本当の自分って何だろう!?」「どうして人は存在しているのだろう!?」


という問いを持っていました。




徐々にすっかりとそのことは忘れ、何か人生うまくいかないな〜

とか、思って、小さなころ、感じていたことも忘れていた26歳の頃、


もともとずっと興味があった

前世療法、退行療法などを受けたことをきっかけに、

スピリチュアルな本とか、人とか、

様々な自分を思い出すツールを求め模索しはじめました。



しかし、一時的に目覚めた感覚になっても

それが持続することはありませんでした。



ヨガ、オーラソーマ、エサレンボディワーク、フラワーエッセンス、オラクルカード

などなど・・



その中でもオーラソーマは美しいカラーボトルを使用しながら、

様々な古代の叡智を学べたこともあり、比較的自分に合っていて、

飽きっぽい私からしたら快挙の3年続けて、クライアントさんも

居たりしました。



そして、人が本質と繋がり、本来の自分が生まれてきた目的を生きるサポートがしたい

と思うようになりました。



しかし、その時は、もう少しで核心にたどり着きそうなんだけど、

それが何なのか分からないという感じでした。





変わりだしたのは、

あさひを妊娠したころからじわじわと、

「愛する」ということを思い出した頃です。




                                  
その頃わたしはお腹の中のあさひとテレパシーで会話していましたが、

あさひのエネルギーを感じると、

本当に愛と光100%で、何事にも動じない強さを感じました。





私はもともと直観とか、エネルギーに対する感覚が敏感な方で、


十分な環境をつくるには、「母親の意識」がとても深くかかわっているということを


あさひを育む中で感じるようになりました。


母としてもっと意識を持って育みたい!!

しかしどうしたら良いかわからない・・



そんな時、オーラソーマのセッションをした時のクライアントさんから

「スピリチュアル・ハイラーキーとETからのメッセージ」

というサイトを教えて頂きました。




それを見た時、強い、高い波動の愛と光のエネルギーと共に

自分自身の意識が、完全に宇宙と繋がり出しました。



その後、スピリチュアル・ハイラーキーって何!?


という疑問から、NMCAAのWebにたどり着きました。



その中で「天の岩戸開き」という本が紹介されており、

この本のタイトルにものすごく惹かれるものがあり、すぐに本を注文しました。




そして、本が手元に来たとき、とてもうれしかったのを思い出します。

早速読んでみると、中に書いてある内容は、

自分が今まで求めていた問いの答えがすべて書かれていると感じました。




書いてあることがどれも説得力があり、なぜかとても高度なことがかいてあるのに

現実的で理解できました。(もちろん当時はわからないこともありましたが^^;)



エネルギーもこれまで接してきたものの中で、最も神聖で、

愛と光のエネルギーが無限に溢れている、という感じがしました。



自分はどうしたら、このアセンションというものに参加できるだろう!?と

思い、そこから2日後にNMCAAに参加の申し込みをしました*^^*




思えば、やはり、クリスタルチルドレンの愛と光、また人の本質の愛と光は

とても強烈なものでした。






続く^^



スポンサーサイト

  • 2015.01.10 Saturday
  • -
  • 10:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック